34-15 最近の国民医療費に関する記述である。


34-15 最近の国民医療費に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

(1)国民医療費は、後期高齢者医療給付分を含む。

(2)国民医療費は、正常な妊娠や分娩に要する費用を含む。

(3)1人当たりの国民医療費は、年間約 20 万円である。

(4)65 歳以上の 1 人当たり国民医療費は、65 歳未満の約 2 倍である。

(5)傷病分類別医科診療医療費が最も高い疾患は、新生物である。

解答・解説を見る
(1)国民医療費は、後期高齢者医療給付分(14兆7,805億円)を含む。

(2)国民医療費は、正常な妊娠や分娩に要する費用を含まないため、自費負担となる。

他にも、予防接種や固定した身体障碍のための義肢や義眼、健康診断などは国民医療費に含まれない。

(3)1人当たりの国民医療費は、年間約 30 万円(33万9,900円)である。

(4)65 歳以上の 1 人当たり国民医療費は、65 歳未満の約4である。

人口一人当たり国民医療費¹

65歳以上:73万8,300円

65歳未満:18万7,000円

(5)傷病分類別医科診療医療費が最も高い疾患は、循環器系の疾患であり、次いで新生物である。

参考文献

1 厚生労働省.“平成 29 年度 国民医療費の概況”.https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/17/dl/data.pdf , (参照:2020年4月14日)


*悪性新生物:malignant neoplasm


一部記事を訂正いたしました。

【訂正前】(4)65 歳以上の 1 人当たり国民医療費は、65 歳未満の約1.5倍である。

年齢階級別国民医療費

65歳以上:259,515億円

65歳未満:171,195億円

【訂正後】(4)65 歳以上の 1 人当たり国民医療費は、65 歳未満の約4倍である。

人口一人当たり国民医療費

65歳以上:73万8,300円

65歳未満:18万7,000円


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント