34-4 ランダム化比較試験に関する記述である。


34-4 ランダム化比較試験に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)利益相反の関係にある企業の商品は評価できない。

(2)無作為割り付けを行う前に、インフォームド・コンセントを得る。

(3)介入群は患者集団から、対象群は一般集団から無作為抽出する。

(4)参加者の希望により、割り付け後でも群の変更ができる。

(5)未知の交絡因子を制御しにくい。

解答・解説を見る
(1)試験の種類に関わらず利益相反の関係がある場合は、明示する必要がある。

(2)無作為割り付けを行う前に、インフォームド・コンセントを得る。

(3)介入群も対照群もどちらも同じ群からランダムに抽出する。

(4)参加者の希望があっても、割り付け後の群の変更はできない。

(5)未知の交絡因子を制御しやすい。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント