34-16 母子保健に関する記述である。


スポンサーリンク


34-16 母子保健に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ

(1)母子健康手帳の省令様式には、乳児の食事摂取基準が含まれる。

(2)未熟児に対する養育医療の給付は、都道府県が行う。

(3)1 歳 6 か月児健康診査の目的には、う歯の予防が含まれる。

(4)乳幼児突然死症候群の予防対策には、うつぶせ寝の推進が含まれる。

(5)先天性代謝異常等検査による有所見者発見数が最も多い疾患は、フェニルケトン尿症である。

解答・解説を見る
(1)母子健康手帳の省令様式には、乳児の食事摂取基準は含まれないが、乳幼児身体発育曲線は含まれる

(2)未熟児に対する療養医療の給付は、市町村が行う。

(3)1 歳 6 か月児健康診査の目的には、う歯の予防が含まれる。

(4)うつぶせ寝は、乳幼児突然死症候群のリスク因子であり推進されない

 乳幼児突然死症候群の予防対策として厚生労働省は以下の3点を挙げている。
 (1) 1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう
 (2) できるだけ母乳で育てましょう
 (3) たばこをやめましょう
 厚生労働省「乳児突然死症候群(SIDS)について」より引用

(5)先天性代謝異常等検査による有所見者発見数が最も多い疾患は、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)である。


お問い合わせはこちら



コメント