コンテンツへスキップ

34-6 睡眠と休養に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-6 睡眠と休養に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

    (1)家に帰ったらできる限り早く寝るようにすることは、積極的休養である。

    (2)健康づくりのための休養指針では、他者との出会いやきずなの重要性が示されている。

    (3)最近の国民健康・栄養調査によると、「睡眠で休養が十分にとれていない者」の割合は約50%である。

    (4)健康づくりのための睡眠指針では、アルコール摂取による睡眠導入が推奨されている。

    (5)健康づくりのための睡眠指針では、1日9時間以上の睡眠をとることが推奨されている。

    解答・解説を見る
    (1)家に帰ったらできる限り早く寝るようにすることは、消極的休養である。

    積極的休養は、体を動かすなど能動的な行動によって疲労回復を目指すこと。ストレッチやマッサージ、趣味のクラブ活動、旅行など。

    (2)健康づくりのための休養指針では、他者との出会いやきずなの重要性が示されている。

    (3)最近の国民健康・栄養調査によると、「睡眠で休養が十分にとれていない者」の割合は 21.7%であり過去10年では増加傾向

    (4)健康づくりのための睡眠指針では、アルコール摂取による睡眠導入が推奨されていない。

    健康づくりのための睡眠指針2014によれば、アルコールは、入眠を一時的には促進するが、中途覚醒が増えて睡眠が浅くなり、熟睡感が得られなくするとのことである。

    (5)健康づくりのための睡眠指針では、年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠をとることが推奨されている。

    必要な睡眠時間は年齢などにより異なるが、6 時間以上 8 時間未満が妥当であろうと言われている。

    参考資料:健康づくりのための睡眠指針2014(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事