34-13 わが国の医療保険制度に関する記述である。


34-13 わが国の医療保険制度に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

(1)75 歳以上の患者では、窓口負担金の割合は収入にかかわらず同一である。

(2)後期高齢者医療制度の財源の約 1 割は、高齢者本人の保険料である。

(3)原則として償還払い給付である。

(4)保険料率は、保険者にかかわらず同一である。

(5)被用者保険と国民健康保険では、受診時の自己負担割合が異なる。

解答・解説を見る
(1)75 歳以上の患者では、窓口負担金の割合は収入によって異なる

(2)後期高齢者医療制度の財源構成は、患者負担を除き、公費が約5割現役世代から約4割高齢者から保険料として1割を徴収している。

(3)原則として現物給付である。

(4)保険料率は、保険者にかかわらず同一ではない

(5)被用者保険と国民健康保険では、受診時の自己負担割合は3割である。また、75歳になると後期高齢者医療制度に代わり1割負担となる。(現役並み所得者を除く)。また、6歳未満の場合は2割負担となる。

被用者保険(健康保険)・・・全国健康保険協会が運営している。会社員等が加入する。

国民健康保険・・・主に市町村が運営している。自営業者や農林漁業者などが加入する。


問題・解説についてのお問い合わせ

34-13 わが国の医療保険制度に関する記述である。” への2件のフィードバック

  1. N より:

    現金給付ではなく、現物給付ではないですか?

    1. N様 
      確認し、訂正いたしました。ご報告くださりありがとうございます。

コメント