コンテンツへスキップ

33-78 コレステロール代謝に関する記述である。

    スポンサーリンク


    33-78 コレステロール代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)コレステロールは、エネルギー源として利用される。
    (2)コレステロールは、甲状腺ホルモンの材料となる。
    (3)コレステロールの合成は、食事性コレステロールの影響を受けない。
    (4)胆汁酸は、腸内細菌により代謝される。
    (5)胆汁酸は、大部分が空腸で再吸収される。

    解答・解説を見る
    (1)コレステロールは、エネルギー源として利用できない

     コレステロールの主な働きは、ステロイドホルモンや生体膜の構成、胆汁酸を生成する際の材料になることである。

    (2)コレステロールは、ステロイドホルモンの材料となる。

    (3)コレステロールの合成は、食事性コレステロールの影響を受ける

     通常、コレステロールは食事からの摂取量が少ない分は体内(主に小腸と肝臓)で生成している。

    (4)胆汁酸は、腸内細菌により代謝される。

    (5)胆汁酸は、大部分が回腸で再吸収される。

     胆汁酸は、回腸で再吸収され肝臓に行き、再び胆汁となり分泌される。これを腸肝循環という。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事