ホーム » 投稿 » 33-70 摂食行動の調節に関する記述である。

33-70 摂食行動の調節に関する記述である。

スポンサーリンク


33-70 摂食行動の調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)グルコース濃度の上昇により、空腹感が生じる。
(2)遊離脂肪酸濃度の上昇により、満腹感が生じる。
(3)インスリンは、食欲を抑制する。
(4)レプチンは、食欲を促進する。
(5)グレリンは、食欲を抑制する。

解答・解説を見る
(1)グルコース濃度の上昇により、満腹感が生じる。逆に、グルコース濃度が低下すると、空腹感が生じる。

(2)遊離脂肪酸濃度の上昇により、空腹感が生じる。

(3)インスリンは、食欲を抑制する。

(4)レプチンは、食欲を抑制する。

多くの肥満者ではレプチンの血中濃度が上昇しているが、それでも食欲の抑制が効かず「レプチン抵抗性」がみられる。

(5)グレリンは、食欲を促進する。

スポンサーリンク


コメント

関連記事