30-107 食事の準備が困難であると感じている、単身男性への栄養教育に関する記述である。



スポンサーリンク

30-107 食事の準備が困難であると感じている、単身男性への栄養教育に関する記述である。バランスの良い食事をとることへの自己効力感を高める支援である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)家にどのような調理器具があるかを尋ねる。
(2)食事内容の記録を勧める
(3)栄養バランスの良い手作りメニューを紹介する。
(4)外食を利用しても、栄養バランスが取れる方法があることを伝える。

解答・解説を見る

(4)外食を利用しても、栄養バランスが取れる方法があることを伝える。
食事の準備が困難であると感じている対象者に対して、『(4)外食を利用しても栄養バランスが取れる方法があること』を伝えることで、自己効力感を高めることができると考えられる。

■自己効力感とは?…対象者がある課題について、自分でもできると思う期待を感じたり自信をもつこと。

 

(1)家にどのような調理器具があるかを尋ねる。
 ⇒食事の準備が困難であると感じている対象者にとって、この質問は適切ではない。
 ⇒調理器具を上で、その調理器具を使った簡単な調理法などを伝えれば、自己効力感を高めることができるのではないか。

(2)食事内容の記録を勧める
 ⇒食事内容の記録は、自身の食生活を見直すきっかけとなるが、バランスの良い食事をとることへの方法を知らなければ、自己効力感とはつながらない。

(3)栄養バランスの良い手作りメニューを紹介する。
 ⇒食事の準備が困難であると感じている対象者にとって、この質問は適切ではない。
 ⇒メニューを紹介するだけではなく、簡単にできる調理方法なども伝え、対象者が自分でもできると感じることができれば適切といえる。

(4)外食を利用しても、栄養バランスが取れる方法があることを伝える。

コメント