コンテンツへスキップ

27-99 学童期の栄養に関する記述である。

    スポンサーリンク


    27-99 学童期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1) むし歯(う歯)のある児童の割合は、約80%である。
    (2) 二次性肥満は、原発性肥満より多い。
    (3) ローレル指数は、年齢と共に上昇する。
    (4) 痩身傾向児の割合は、年齢と共に増加する。
    (5) 日本人の食事摂取基準(2010年版)の身体活動レベル(PAL)は、2区分である。


    (1) むし歯(う歯)のある児童の割合は、約50~60%である。
    (2) 二次性肥満よりも原発性肥満の方が多い
    (3) ローレル指数は、年齢と共に次第に減少する。
    (4) ○
    (5) 日本人の食事摂取基準(2010年版)の身体活動レベル(PAL)は、3区分である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事