27-98 幼児期の栄養に関する記述である。


スポンサーリンク


27-98 幼児期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 体重当たりのたんぱく質維持必要量は、男児が女児より多い。
(2) 1~2歳児の基礎代謝基準値は、3~5歳児より高い。
(3) カウプ指数による肥満判定基準には、男女差がある。
(4) 食事の脂肪エネルギー比率は、30~40%が適当である。
(5) マラスムス(marasmus)では、浮腫がみられる。


(1) 体重当たりのたんぱく質維持必要量は、男児も女児も同じである。
(2) ○
(3) カウプ指数による肥満判定基準には、男女差はない。
(4) 食事の脂肪エネルギー比率は、20~30%が適当である。
(5) 浮腫はクワシオルコルでみられる。


お問い合わせはこちら