27-92 乳幼児期の身体的変化に関する記述である。


・カテゴリー:27-応用栄養学 / ⑤応用栄養学 / 第27回(2013, H25)

・タグ:


スポンサーリンク


27-92 乳幼児期の身体的変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 身長が出生時の2倍となるのは、2歳頃である。
(2) 体重が出生時の2倍となるのは、1歳頃である。
(3) 頭囲と胸囲が同じとなるのは、4歳頃である。
(4) 乳歯が生え始めるのは、生後6か月頃である。
(5) 大泉門が閉鎖するのは、生後1か月頃である。

解答・解説を見る

(1) 身長が出生時の2倍となるのは、4歳頃である。

 個人差はあるが、出生時の身長はおよそ50cm程度。4歳頃には、100cmくらいになる。

(2) 体重が出生時の2倍となるのは、生後3か月頃である。

出生時の体重は、3000g前後、生後3か月の体重は5000~7000g程度となり、出生時の2倍となる。

(3) 頭囲と胸囲が同じとなるのは、生後半年頃である。

(4) 乳歯が生え始めるのは、生後6ヶ月頃である。

 さらに、3歳ごろまでに乳歯が生えそろう。

(5) 大泉門が閉鎖するのは、生後1歳6か月頃である。

スポンサーリンク