コンテンツへスキップ

27-93 成長・発達の過程に関する記述である。

    スポンサーリンク


    27-93 成長・発達の過程に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1) 骨格は、乳幼児期と思春期に著しく発育する。
    (2) 脳の重量は、6歳で成人の約60%になる。
    (3) 尿濃縮力は、l歳で成人と同程度になる。
    (4) 胸腺の重量は、思春期以後増加する。
    (5) 微細運動の発達は、粗大運動の発達に先行する

    解答・解説を見る

    (1) 骨格は、乳幼児期と思春期に著しく発育する。

    (2) 脳の重量は、6歳頃に成人の約90%になる。

    (3) 尿濃縮力は、2歳〜3歳頃に成人と同程度になる。

    (4) 胸腺の重量は、思春期以後に萎縮していく。

    (5) 粗大運動発達は、微細運動の発達に先行する。(粗大運動→微細運動)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事