ホーム » 投稿 » 26-81 糖質の体内代謝に関する記述である。

26-81 糖質の体内代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


26-81 糖質の体内代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) グリコーゲンの貯蔵総量は、筋肉より肝臓に多い。
(2) 筋肉は、糖新生を行う。
(3) 肝臓のグルコース利用は、血糖値の影響を受けない。
(4) 赤血球では、グルコースから乳酸が生成する。
(5) 脂肪組織には、ペントースリン酸回路は存在しない。

解答・解説を見る

(1) グリコーゲンの貯蔵総量は、肝臓より筋肉に多い。筋肉と肝臓の体積の違いを参考にすれば、圧倒的に肝臓よりも筋肉が大きく、貯蔵量も多いことがわかる。

(2) 筋肉は、糖新生を行わない。

 糖新生は肝臓と一部は腎臓で行われる。筋肉は、糖新生の反応の過程で必要な酵素(グルコース6ホスファターゼ)を持たないため、糖新生を行うことができない。

(3) 肝臓のグルコース利用は、血糖値の影響を受ける。

(4) 赤血球では、グルコースから乳酸が生成する。

(5) 脂肪組織には、ペントースリン酸回路は存在する。

 ペントースリン酸回路は、NADPHとリボース5リン酸の産生が主な役割である。

スポンサーリンク


関連記事