24-19 2007年以降の我が国の産業保健についての記述である。


24-19 2007年以降の我が国の産業保健についての記述である。正しいものの組合せはどれか。

a 業務上疾病で最も発生数が多いのは、災害性腰痛である。
b 労働災害による年間死亡者数は、 1,000人未満である。
c 定期健康診断で有所見率が最も高いのは、血圧である。
d 常時50人以上の労働者を使用する事業場では、産業医選任の義務がある。

(1) ab  (2) ac  (3) ad  (4) bc  (5) cd

解答・解説を見る

a 業務上疾病で最も発生数が多いのは、災害性腰痛である。

b 労働災害による年間死亡者数は、 およそ1,200人/年(2008年時点)である。

c 定期健康診断で有所見率が最も高いのは、脂質異常症である。

d 常時50人以上の労働者を使用する事業場では、産業医選任の義務がある。

(1) ab  (2) ac  (3) ad  (4) bc  (5) cd


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント