24-1 公衆衛生の歴史に関する記述である。



スポンサーリンク

24-1 公衆衛生の歴史に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a 高木兼寛は、我が国で初めて大規模な食事介入研究を実施した。
b ジョン・スノウは、結核菌発見前に結核予防対策を実施した。
c 厚生省(現厚生労働省)は、第二次世界大戦後に発足した。
d 検疫は、中世ヨーロッパのペスト流行がきっかけで実施されるようになった。
(1) aとb  (2) aとc  (3) aとd  (4) bとc  (5) cとd

解答・解説を見る
a 高木兼寛は、我が国で初めて大規模な食事介入研究を実施した。これがきっかけとなり、脚気およびビタミンに関する研究が進み、1910年に鈴木梅太郎によってビタミンB1が脚気の予防に有効であることが明らかにされた。

b ジョン・スノウは、コレラの予防対策に関与している。

c 厚生省(現厚生労働省)が発足したのは昭和13年で、第二次世界大戦前である。

d 検疫は、中世ヨーロッパのペスト流行がきっかけで実施されるようになった。

(1) aとb  (2) aとc  (3) aとd  (4) bとc  (5) cとd

コメント