29-109 トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に関する記述である。


29-109 トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)最初は、肥満改善指導のために開発された。
(2)行動変容段階(ステージ)と行動変容過程(プロセス)が含まれる。
(3)行動変容段階は、行動変容の準備性によって分けられている。
(4)行動変容段階が進むと、自己効力感(セルフ・エフィカシー)も高まる。
(5)維持期の対象者でも、関心期(熟考期)に戻ることがある。

解答・解説を見る

(1)最初はプロチェスカが禁煙について提唱した。

(2)行動変容段階(ステージ)と行動変容過程(プロセス)が含まれる。

(3)行動変容段階は、行動変容の準備性によって分けられている。

(4)行動変容段階が進むと、自己効力感(セルフ・エフィカシー)も高まる。

(5)維持期の対象者でも、関心期(熟考期)に戻ることがある。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント