褥瘡の危険因子、好発部位、栄養管理


褥瘡の危険因子には、

  • 低栄養、低アルブミン血症
  • 意識状態不明瞭
  • 骨の軽度突出がある(仙骨部、尾骨部など)
  • 体位転換の能力低下
  • 皮膚の浸潤が不十分

などがある。

 

褥瘡の好発部位には、

  • 踵部
  • 仙骨部
  • 肩甲骨部
  • 後頭部
  • 耳介部
  • 座骨部
  • 大転子部

などがある。

 


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント