コンテンツへスキップ

27-13 体温の調節についての記述である。

    スポンサーリンク


    27-13 体温の調節についての記述である。正しいのはどれか。

    (1)体温調節の中枢は、小脳にある。
    (2)女性の基礎体温は、排卵期が最も高く、それ以後は下降する。
    (3)食事誘発性熱産生として消費されるエネルギーは、栄養素により異なる。
    (4)運動により体温が上昇すると、皮膚血管は収縮する。
    (5)体温には日内変動があり、日中は低く、夜間は上昇する。

    解答・解説を見る

    (1)体温調節の中枢は、視床下部にある。

    (2)女性の基礎体温は、黄体期が最も高く、それ以後は下降する。

    (3)食事誘発性熱産生として消費されるエネルギーは、栄養素により異なる。

     食事誘発性熱産生は、タンパク質が最も高く、ついで糖質、脂質である。

    (4)運動により体温が上昇すると、皮膚血管は拡張し、放熱する。

    (5)体温には日内変動があり、早朝は低く、日中徐々に上昇する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事