ホーム » 投稿 » 27-14 腎臓についての記述である。

27-14 腎臓についての記述である。

スポンサーリンク


27-14 腎臓についての記述である。正しいのはどれか。

(1)腎小体は、糸球体と毛細血管からなる。
(2)健常者の尿には、クレアチニンは含まれない。
(3)アルドステロンは、尿細管でのナトリウムイオンの再吸収を抑制する。
(4)細胞外液量が減少すると、レニン分泌が増加する。
(5)細胞外液量が増加すると、尿量は減少する。

解答・解説を見る

(1)腎小体は、糸球体と子宮体嚢からなる。

 腎小体は、一つの腎臓に対して約100万個存在する。子宮体嚢は、ボーマン嚢ともいわれる。

(2)健常者の尿には、クレアチニンは含まれる。

 腎障害を持つ患者では、尿中のクレアチンの量が減少する。

(3)アルドステロンは、尿細管でのナトリウムイオンの再吸収を促進する。

(4)細胞外液量が減少すると、レニン分泌が増加する。

(5)細胞外液量が増加すると、尿量は増加する。

スポンサーリンク


コメント

関連記事