コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-99 K 保育園で、 4 歳児に対する野菜摂取量の増加を目的とした食育を行った。

36-99 K 保育園で、 4 歳児に対する野菜摂取量の増加を目的とした食育を行った。

スポンサーリンク


36-99 K 保育園で、 4 歳児に対する野菜摂取量の増加を目的とした食育を行った。計画的行動理論における行動のコントロール感を高める働きかけである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 野菜をたくさん食べると、風邪をひきにくくなると説明する。

⑵ 給食の時間に野菜を残さず食べるよう、声掛けをしてまわる。

⑶ 野菜を食べることの大切さについて、家庭に食育だよりを配布する。

⑷  5 歳児クラスの野菜嫌いだった子が、野菜を食べられるようになった例を話す。

⑸ 給食の野菜を全部食べたら、シールをもらえるというルールを作る。

解答・解説を見る

「計画的行動理論における行動のコントロール感を高める働きかけ」として、最も適切なのは⑷  5 歳児クラスの野菜嫌いだった子が、野菜を食べられるようになった例を話す。

行動コントロール感とは、ある行動を実行できると感じること。

⑴ 野菜をたくさん食べると、風邪をひきにくくなると説明する。

計画的行動理論における「行動への態度」への働きかけである。

行動への態度とは、行動することによって得られる結果に対する期待や、行動に対する考え方

⑵ 給食の時間に野菜を残さず食べるよう、声掛けをしてまわる。

計画的行動理論における「主観的規範」への働きかけである。

主観的規範とは、本人の周囲からの期待に応えようという社会規範による動機

⑶ 野菜を食べることの大切さについて、家庭に食育だよりを配布する。

計画的行動理論における「主観的規範」への働きかけである。

⑷  5 歳児クラスの野菜嫌いだった子が、野菜を食べられるようになった例を話す。

⑸ 給食の野菜を全部食べたら、シールをもらえるというルールを作る。

計画的行動理論における「行動への態度」への働きかけである。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事