ホーム » 投稿 » 35-93 成人期と比較して高齢期で増加・亢進する項目である。

35-93 成人期と比較して高齢期で増加・亢進する項目である。

スポンサーリンク


35-93 成人期と比較して高齢期で増加・亢進する項目である。

最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 肺残気率

⑵ 腸管運動

⑶ 除脂肪体重

⑷ 細胞内液量

⑸ ペプシン活性

解答・解説を見る

⑴ 肺残気率

⑵ 腸管運動は、高齢期で低下する。

⑶ 除脂肪体重は、高齢期で低下し、体脂肪率は高くなる。

⑷ 細胞内液量は、高齢期で低下する。

⑸ ペプシン活性は、高齢期で低下する。

スポンサーリンク


コメント