ホーム » 投稿 » 35-88 成長・発達に関する記述である。

35-88 成長・発達に関する記述である。

スポンサーリンク


35-88 成長・発達に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 成長とは、各組織が機能的に成熟する過程をいう。

⑵ 血中 IgG 濃度は、生後 3 ~ 6 か月頃に最低値になる。

⑶ 咀嚼機能は、 1 歳までに完成する。

⑷ 運動機能の発達では、微細運動が粗大運動に先行する。

⑸ 頭囲と胸囲が同じになるのは、 3 歳頃である。

解答・解説を見る

解答(2)

⑴ 発達とは、各組織が機能的に成熟する過程をいう。

成長は、身長・体重などの形成面の増加に対して使用される。

⑵ 血中 IgG 濃度は、生後 3 ~ 6 か月頃に最低値になる。

⑶ 咀嚼機能は、 2~3 歳までに完成する。

⑷ 運動機能の発達では、粗大運動が微細運動に先行する。

⑸ 頭囲と胸囲が同じになるのは、 1 歳頃である。

スポンサーリンク


コメント