ホーム » 投稿 » 35-91 幼児期・学童期における栄養に関する記述である。

35-91 幼児期・学童期における栄養に関する記述である。

スポンサーリンク


35-91 幼児期・学童期における栄養に関する記述である。

最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 最近 10 年間の学校保健統計調査では、小学生の肥満傾向児の出現率は 2 % 未満である。

⑵ 最近 10 年間の学校保健統計調査では、小学生のう歯の者の割合は増加している。

⑶ カウプ指数による肥満判定基準は、男女で異なる。

⑷ 日本人の食事摂取基準(2020 年版)では、10~11 歳の飽和脂肪酸の DG は、10% エネルギー以下である。

⑸ 日本人の食事摂取基準(2020 年版)では、カルシウムの RDA は、 6 ~ 7 歳で 最も多い。

解答・解説を見る

解答(4)

⑴ 最近 10 年間の学校保健統計調査では、小学生の肥満傾向児の出現率はおよそ5~10%である。

⑵ 最近 10 年間の学校保健統計調査では、小学生のう歯の者の割合は減少している。

平成30 年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について,https://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/03/25/1411703_01.pdf.2021年5月22日アクセス.

⑶ カウプ指数による肥満判定基準は、男女で一緒である。

⑷ 日本人の食事摂取基準(2020 年版)では、10~11 歳の飽和脂肪酸の DG は、10% エネルギー以下である。

⑸ 日本人の食事摂取基準(2020 年版)では、カルシウムの RDA は、12~14歳で最も多い。

スポンサーリンク


コメント