ホーム » 投稿 » 35-5 疾病 A のスクリーニング検査の評価指標に関する記述である。

35-5 疾病 A のスクリーニング検査の評価指標に関する記述である。

スポンサーリンク


35-5 疾病 A のスクリーニング検査の評価指標に関する記述である。

最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 敏感度は、検査で陽性である者のうち、疾病 A がある者の割合である。

⑵ 特異度は、検査で陰性である者のうち、疾病 A がない者の割合である。

⑶ 陽性反応的中度は、検査を行う集団における疾病 A の有病率の影響を受ける。

⑷ カットオフ値を高くすれば、敏感度と特異度は高くなる。

⑸ ROC 曲線は、縦軸を敏感度、横軸を(1 ─偽陽性率)として描く。

解答・解説を見る
⑴ 敏感度は、疾病Aがあるもののうち、検査で陽性である者の割合である。

陽性であるもののうち、疾病Aがある者の割合は陽性反応的中度である。

⑵ 特異度は、疾病Aがないもののうち、検査で陰性である者の割合である。

陰性であるもののうち、疾病Aがないものの割合は陰性反応的中度である。

⑶ 陽性反応的中度は、検査を行う集団における疾病 A の有病率の影響を受ける。

有病率が高い集団のほうが陽性反応的中度は高くなる。

⑷ カットオフ値を高くすれば、敏感度は高く、特異度は低くなる。

カットオフ値とは、疾病の有無を判断するための基準値のこと。

⑸ ROC 曲線は、縦軸を敏感度、横軸を(1 ─特異度)として描く。

ROC曲線が左上に位置するほど、スクリーニング検査の妥当性は高いということになる。

スポンサーリンク


コメント