ホーム » 投稿 » 35-2 わが国の出生に関連する保健統計の定義と最近 5 年間の傾向に関する記述である。

35-2 わが国の出生に関連する保健統計の定義と最近 5 年間の傾向に関する記述である。

スポンサーリンク


35-2 わが国の出生に関連する保健統計の定義と最近 5 年間の傾向に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 合計特殊出生率は、15~49 歳の女性の年齢別出生率をもとに算出されている。

⑵ 総再生産率は、母親世代の死亡率を考慮している。

⑶ 純再生産率は、1.00 を超えている。

⑷ 合計特殊出生率は、2.00 を超えている。

⑸ 第 1 子出生時の母親の平均年齢は、35 歳を超えている。

解答・解説を見る

(1) 合計特殊出生率は、15~49 歳の女性の年齢別出生率をもとに算出されている。

  • 合計特殊出生率は、15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したものである。
  • 15~49歳は再生産年齢とされる。
  • 合計特殊出生率は、人口動態統計調査に示されている。

参考:合計特殊出生率について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

⑵ 再生産率は、母親世代の死亡率を考慮している。

  • 総再生産率は、女児にだけついて求めた合計特殊出生率であり、母親世代の死亡率を考慮していない。
  • 純再生産率は、総再生産率に15~49歳の死亡率を考慮に入れたときの平均女児数のことである。
⑶ 純再生産率は、1.00を超えていない

2018年の純再生産率は0.69で1.00を超えていない。

⑷ 合計特殊出生率は、2.00 を超えていない

2018年の合計特殊出生率は1.42で2.00を超えていない。

⑸ 第 1 子出生時の母親の平均年齢は、35 歳を超えていない

2016年時点で30.6歳、上昇傾向にあるが35歳は超えていない。

スポンサーリンク


コメント

関連記事