ホーム » 投稿 » 35-4 年齢調整死亡率(直接法)に関する記述である。

35-4 年齢調整死亡率(直接法)に関する記述である。

スポンサーリンク


35-4 年齢調整死亡率(直接法)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 要因の曝露群と非曝露群の死亡率の比によって算出する。

⑵ 要因の曝露群と非曝露群の死亡率の差によって算出する。

⑶ 基準人口の年齢別死亡率を用いて算出する。

⑷ 標準化死亡比として表す。

⑸ 基準人口の年齢構成によって、数値は変化する。

解答・解説を見る
⑴ 相対危険度は、要因の曝露群と非曝露群の死亡率の比によって算出する。

曝露群と非曝露群の死亡比によって算出されるのは相対危険度である。

⑵ 寄与危険度は、要因の曝露群と非曝露群の死亡率の差によって算出する。

曝露群と非曝露群の差によって求められるのは、寄与危険度である。

⑶ 観察人口の年齢別死亡率を用いて算出する。

直接法では、観察集団の年齢別死亡率が、基準集団で起きた時の死亡率について求めている。

⑷ 間接法では、標準化死亡比を用いる。

標準化死亡比を用いて計算するのは、間接法である。

⑸ 基準人口の年齢構成によって、数値は変化する。

スポンサーリンク


コメント