ホーム » 投稿 » 35-14 医療と福祉に関する事業等とその根拠法の組合せである。

35-14 医療と福祉に関する事業等とその根拠法の組合せである。

スポンサーリンク


35-14 医療と福祉に関する事業等とその根拠法の組合せである。

正しいのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ がん検診       高齢者の医療の確保に関する法律

⑵ 特定健康診査     介護保険法

⑶ 地域支援事業     地域保健法

⑷ 難病患者支援     障害者総合支援法

⑸ 生活機能評価     健康増進法

解答・解説を見る
⑴ がん検診   健康増進法

がん検診は健康増進法第19条の2に基づいて実施されている。

⑵ 特定健康診査  高齢者医療確保法

高齢者医療確保法の基づき、特定健康診査・特定保健指導が行われている。

⑶ 地域支援事業  介護保険法

介護法改正に伴い、介護予防事業が廃止され介護予防・日常生活支援総合事業が開始された。

⑷ 難病患者支援     障害者総合支援法

障害者自立支援法が改正・改称され、障害者総合支援法が成立した。

⑸ 生活機能評価  介護保険法

介護予防事業の特定高齢者把握事業として、生活機能評価が行われている。

スポンサーリンク


コメント