33-105 減量中の中年女性への栄養教育である。


33-105 減量中の中年女性への栄養教育である。間食を減らすことへの自己効力感を高める技法である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)間食でよく食べる食品の、エネルギー量について説明する。
(2)間食の頻度と量を記録してもらい、間食を減らせた日を確認し合う。
(3)間食を食べ過ぎてしまった状況を思い起こしてもらい、対処方法を一緒に考える。
(4)間食で食べたくなる食品は、買い置きしないよう提案する。

解答・解説を見る

<自己効力感とは>
例えば、対象者の持つある目標や課題に対して、どうすればうまくいくのかを考え、それを対象者自身がうまく実行できると感じること。

よって正しいのは(2)間食の頻度と量を記録してもらい、間食を減らせた日を確認し合う。

自分の「間食を減らせた」という成功体験を改めて確認することで、自己効力感を高める狙いがある。


(1)間食でよく食べる食品の、エネルギー量について説明する。

(2)間食の頻度と量を記録してもらい、間食を減らせた日を確認し合う。

(3)間食を食べ過ぎてしまった状況を思い起こしてもらい、対処方法を一緒に考える。

(4)間食で食べたくなる食品は、買い置きしないよう提案する。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント