ホーム » 投稿 » 30-136 消化管手術と合併症の組合せである。

30-136 消化管手術と合併症の組合せである。

スポンサーリンク


30-136 消化管手術と合併症の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1)胃切除———–乳酸アシドーシス
(2)十二指腸切除 —– 葉酸欠乏
(3)小腸広範囲切除—-下痢
(4)回腸切除———ビタミンB12欠乏
(5)回盲部切除——–ビタミンC欠乏

解答・解説を見る

(1)胃切除———–ビタミンB12欠乏
 ⇒胃切除後は、ビタミンB12欠乏による悪性貧血及び巨赤芽球性貧血が起こることがある。

(2)十二指腸切除 —– 鉄欠乏
 ⇒十二指腸の切除後は鉄欠乏による鉄欠乏性貧血となることがある。

(3)小腸広範囲切除—-下痢
 ⇒小腸の広範囲切除によって起こる短腸症候群では、脂肪性下痢に注意する。炭水化物やたんぱく質、電解質などの栄養素の吸収は低下する。

(4)回腸切除———ビタミンB12欠乏
 ⇒回腸はビタミンB12の吸収場所である。

(5)回盲部切除——–ビタミン12欠乏
 ⇒回盲部とは、回腸と盲腸の接合部である。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事