コンテンツへスキップ

27-9 2000年以降のわが国の喫煙率に関する記述である。

    スポンサーリンク


    27-9 2000年以降のわが国の喫煙率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) 成人男性では、60%を超えている。
    (2) 成人男性では、増加傾向にある。
    (3) 成人女性では、20%を超えている。
    (4) 成人女性では、欧米先進国と比較して高い。
    (5) 高校生では、減少傾向にある。

    解答・解説を見る

    (1) 成人男性では、30%を超えている。また、女性は10%未満。
     厚生労働省「最新たばこ情報」によれば、『現在習慣的に喫煙している者の割合は、19.3%である。性別にみると、男性32.2%女性8.2%であり、男女ともに10年間で減少傾向にある。 』

    (2) 成人男性では、減少傾向にある。
     男女とも減少傾向である。

    (3) 成人女性では、9.7%(平成23年時点)
    平成26年時点では、成人女性の平均喫煙率は8.5%である。

    (4) 成人女性では、欧米先進国と比較して低い。

    (5) 高校生では、減少傾向にある。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事