コンテンツへスキップ

27-11 悪性新生物とその発生要因となる微生物の組合せである。

    スポンサーリンク


    27-11 悪性新生物とその発生要因となる微生物の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) 胆管がん———-C型肝炎ウイルス
    (2) 膀胱がん———-EBウイルス
    (3) 胃がん————トキソプラズマ
    (4) 子宮頚がん——–ヒトパピローマウイルス(HPV)
    (5) 肝細胞がん——–ヘリコバクター・ピロリ

    解答・解説を見る

    (1) 胆管がんの原因となるウイルスは現在特に報告されていない。

    C型肝炎ウイルスは、C型肝炎の原因微生物である。

    (2) 膀胱がんの原因となるウイルスは現在特に報告されていない。

    EBウイルスは、伝染性単核症の原因微生物である。

    (3) 胃がん————ヘリコバクター・ピロリ

    (4) 子宮頚がん——–ヒトパピローマウイルス(HPV)

    (5) 肝細胞がん——–C型肝炎ウイルスや、B型肝炎ウイルス

    日本における、
    C型肝炎ウイルス感染者からの肝細胞癌発生は年間10万人あたり972人と推定される¹。

    参考文献

    1 横須賀収,C型肝炎ウイルス感染症と肝細胞癌,日内会誌 84:1975~1979,1995.

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事