25-146 短腸症候群に関する記述である。


スポンサーリンク

25-146 短腸症候群に関する記述である。誤っているのはどれか。

(1) 成人では、残存小腸の長さが150cm以下である。
(2) 症状に下痢がある。
(3) クローン病は、原因疾患となる。
(4) 在宅静脈栄養法の適応となる。
(5) 経口摂取は、不可能である。

解答・解説を見る

(1) 成人では、残存小腸の長さが150cm以下である。

(2) 症状に下痢がある。

(3) クローン病は、原因疾患となる。

(4) 在宅静脈栄養法の適応となる。

(5) 経口摂取は、安定期では可能である。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント