33-193,194,195 K事業所に勤務する管理栄養士である。来年度から始める体重管理プログラムを検討している。


スポンサーリンク

次の文を読み「193」、「194」に答えよ。

K事業所に勤務する管理栄養士である。来年度から始める体重管理プログラムを検討している。K事業所の従業員は、1,000人(男性:300人、平均年齢42歳、女性:700人、平均年齢37歳)であり、近年、高血圧と糖尿病の罹患者が増加している。表1はK事業所の従業員の今年度のBMIの分布である。なお、K事業所の来年度のプログラム実施の予算は100万円である。

 

33-193 K事業所の掲げる、来年度の健康づくりの結果目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)男性の肥満(25.0kg/m²以上)の割合を減らす。
(2)女性のやせ(18.5kg/m²未満)の割合を減らす。
(3)男女とも肥満(25.0kg/m²以上)の割合を減らす。
(4)男女ともやせ(18.5kg/m²未満)の割合を減らす。

33-194 K事業所と同系列のA事業所とB事業所が先行して体重管理プログラムを実施していた。A事業所は集団学習の教室(プログラム総費用20万円)、B事業所はアプリを活用したプログラム(プログラム総費用100万円)である。K事業所は、これら取組のいずれかを来年度実施することにした。どちらを選択するかの理由である。
最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)実施後、参加者の肥満者は0人になっているため、A事業所の取組の方がよい。
(2)プログラム1回20万円でできるので、5回実施できることから、A事業所の取組のがよい。
(3)アプリを使った取組は、実施者側の負担が少ないため、B事業所の取組の方がよい。
(4)取組の費用効果が良いため、B事業所の取組のがよい。

33-195 来年度に実施するプログラムを選択したK事業所が、そのプログラムを実施する上で、優先すべき注意点である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)参加者を増やすようにする。
(2)男女の人数割合を同じようにする。
(3)やせを増やさないようにする。
(4)費用をできるだけ安くするようにする。

表2-1 体重管理教室実施前後のBMIの分布(A事業所)

A事業所全体1,000人(男性300人、女性700人)、プログラム総費用20万円

表2-2 体重管理アプリ利用前後のBMIの分布(B事業所)

B事業所全体1,000人(男性300人、女性700人)、プログラム総費用100万円

解答・解説を見る

次の文を読み「193」、「194」に答えよ。

K事業所に勤務する管理栄養士である。来年度から始める体重管理プログラムを検討している。K事業所の従業員は、1,000人(男性:300人、平均年齢42歳、女性:700人、平均年齢37歳)であり、近年、高血圧と糖尿病の罹患者が増加している。表1はK事業所の従業員の今年度のBMIの分布である。なお、K事業所の来年度のプログラム実施の予算は100万円である。

 

33-193 K事業所の掲げる、来年度の健康づくりの結果目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

正しいのは、(3)男女とも肥満(25.0kg/m²以上)の割合を減らす。

問題文より、K事業所では近年、高血圧と糖尿病の罹患者が増加しているという情報が得られる。
このことから、高血圧と糖尿病の予防や改善のため、男女とも肥満の割合を減らすことが結果目標となると考えられる。

 

33-194 K事業所と同系列のA事業所とB事業所が先行して体重管理プログラムを実施していた。A事業所は集団学習の教室(プログラム総費用20万円)、B事業所はアプリを活用したプログラム(プログラム総費用100万円)である。K事業所は、これら取組のいずれかを来年度実施することにした。どちらを選択するかの理由である。
最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)実施後、参加者の肥満者は0人になっているため、A事業所の取組の方がよい。

肥満の改善にかかった費用を比較してみると

 A事業所:20万円÷12人=16,666円
 B事業所:100万円÷95人=10,526円

であり、費用から見るとB事業所のほうが効果が高い。また、A事業所ではもともとの肥満者が13人と少ない。

(2)プログラム1回20万円でできるので、5回実施できることから、A事業所の取組のがよい。

 プログラムにかかる費用は1つの評価の指標であるが、費用が安く回数を多くできるからといってよいプログラムとは言えない。
できるだけ安価な費用で実施できることも重要であるが、
少ない回数でより効果が得られた方が人員も手間も少なくて済む。

(3)アプリを使った取組は、実施者側の負担が少ないため、B事業所の取組の方がよい。

 実施者がアプリの取り扱いに慣れていれば負担が少なく済むがそうとは限らない。
 実施者側の能力も検討する必要がある。

(4)取組の費用効果が良いため、B事業所の取組のがよい。

<取組の費用効果>
 A事業所:20万円÷12人=16,666円
 B事業所:100万円÷95人=10,526円

33-195 来年度に実施するプログラムを選択したK事業所が、そのプログラムを実施する上で、優先すべき注意点である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(3)やせを増やさないようにする。

→どちらのプログラムでも女性のやせの割合が増えており注意が必要である。

 

表2-1 体重管理教室実施前後のBMIの分布(A事業所)

A事業所全体1,000人(男性300人、女性700人)、プログラム総費用20万円

表2-2 体重管理アプリ利用前後のBMIの分布(B事業所)

B事業所全体1,000人(男性300人、女性700人)、プログラム総費用100万円

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント