33-183,184,185 K市の市立保育園に勤務する管理栄養士である。保育園に通う女児A子(9か月)の母親への栄養の指導を行っている。


スポンサーリンク

次の分を読み「183」、「184」、「185」に答えよ。

K市の市立保育園に勤務する管理栄養士である。保育園に通う女児A子(9か月)の母親への栄養の指導を行っている。
母親から、A子が家庭で離乳食をあまり食べないので心配との相談を受けた。
A子は、身長72.5cm、体重8.7kg。精神・運動機能の発達は良好である。

33-183 A子の出生時からの身長と体重の変化を乳幼児身体発育曲線に示した(図)。A子の栄養アセスメントの結果である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)体重は、標準的な発育曲線であるが、低身長である。
(2)身長は、標準的な発育曲線であるが、低体重である。
(3)身長、体重ともに離乳食開始後の発育不良が懸念される。
(4)身長、体重ともに標準的な成長状態である。

33-184 離乳食の与え方について、母親にたずねた。現在、離乳食は歯ぐきでつぶせる固さで1日3回与えており、母乳は欲しがる時に飲ませているという。この内容に対する栄養アセスメントである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)月齢に応じた離乳食の与え方である。
(2)月齢に応じた離乳食の調理形態として、不適切である。
(3)月齢に応じた離乳食の回数として、多すぎる。
(4)母乳を与えすぎている。

33-185 栄養アセスメントの結果を踏まえた管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)月齢どおりの与え方ができていますね。あまり心配せず、見守ってあげましょう。
(2)お子さんが食べやすい、ペースト状のおかずにしてはいかがですか。
(3)食べないことが心配であれば、離乳食を2回減らしてみては、いかがですか。
(4)お子さんに母乳を上げる回数を、決めましょう。

解答・解説を見る

33-183 A子の出生時からの身長と体重の変化を乳幼児身体発育曲線に示した(図)。A子の栄養アセスメントの結果である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

最も適切なのは、(4)身長、体重ともに標準的な成長状態である。

身長・体重ともにパーセンタイル値に沿っており、標準的な成長状態であると考えられる。


33-184 離乳食の与え方について、母親にたずねた。現在、離乳食は歯ぐきでつぶせる固さで1日3回与えており、母乳は欲しがる時に飲ませているという。この内容に対する栄養アセスメントである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

最も適切なのは、(1)月齢に応じた離乳食の与え方である。

<女児のプロフィール>
生後9か月、身長72.5cm、体重8.7kg。
精神・運動機能の発達は良好
<生後9か月(9~11か月頃)の離乳食>

形態:歯ぐきでつぶせる固さのものを与える
回数:1日3回
母乳:離乳食の後に与える+子供の欲するままに与える。
その他の特徴:手づかみ食べが始まる時期である。

参考:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」2019,(https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496257.pdf)


33-185 栄養アセスメントの結果を踏まえた管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

最も適切なのは、(1)月齢どおりの与え方ができていますね。あまり心配せず、見守ってあげましょう。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント