32-191,192 K市の健康増進課に勤務する管理栄養士である。K市では高血圧の有病率が全国より高いため、中高年で正常高値血圧の者を対象とした栄養教室(月1回、通年)を企画した。



スポンサーリンク

次の文を読み「191」、「192」に答えよ。

 K市の健康増進課に勤務する管理栄養士である。K市では高血圧の有病率が全国より高いため、中高年で正常高値血圧の者を対象とした栄養教室(月1回、通年)を企画した。特定健康診査の際に収縮期血圧が130~139 mmHgであった者に周知し、参加希望を募った。教室参加者は40名となった。対照群を設けることができず、教室の評価は前後比較で行うことになった。教室終了時の事後調査に協力が得られた者は22名であった。

32-191 食塩摂取量について、対象者の負担が少なく、かつ精度の高い方法で測定した。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)連続した普段の日の2日間の写真法による食事記録
(2)普段の1日の目安量法による食事記録
(3)普段の日の翌日1回の随時尿による推定
(4)塩蔵食品、汁物、麺類の摂取頻度の調査

32-192 食塩摂取量を教室の前後で比較したところ、統計的に有意な減少が認められた。この結果の解釈である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)統計的に有意な減少があったため、教室の減塩効果があった。
(2)対照群を設定していないため、教室の減塩効果があっだとはいえない。
(3)性別を調整していないため、教室の減塩効果があったとはいえない。
(4)事後調査の人数が少ないため、教室前後の変化を過小評価している。

解答・解説を見る

32-191 食塩摂取量について、対象者の負担が少なく、かつ精度の高い方法で測定した。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)連続した普段の日の2日間の写真法による食事記録
 写真で撮るだけなので対象者の負担は比較的少ないが、写真から栄養士が塩分量を予想し計算するためおおよその量しか把握できない。

(2)普段の1日の目安量法による食事記録
 目安量法は、詳細に食事内容を記録しなくても良いため負担は少ないが、塩分摂取量に関してはおおよそしかわからない。

(3)普段の日の翌日1回の随時尿による推定
 摂取した塩分は、ほとんどが尿中へ排泄されることから、随時尿が一日の塩分摂取量の推定に用いられている。
 この中で最も精度が高い方法である。

(4)塩蔵食品、汁物、麺類の摂取頻度の調査
 食物摂取頻度調査は、この中でも最も簡便な調査といえるが、これは対象者の習慣的な食事の摂取状況を調べるものであり、おおよその摂取量の把握しかできない。

32-192 食塩摂取量を教室の前後で比較したところ、統計的に有意な減少が認められた。この結果の解釈である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(2)対照群を設定していないため、教室の減塩効果があっだとはいえない。

 対照群とは、介入を行っていない群で、この例では減塩教室に参加していない者である。介入群と対照群をランダムに分けることで、教室の減塩効果を証明することが可能である。
 このような研究を、ランダム化比較試験または無作為化比較試験といい、疫学研究の中でも信頼度の高い方法である。

 

コメント