32-196,197 K県の健康増進課に勤める管理栄養士である。K県の健康増進プランの担当をしている。



スポンサーリンク

次の文を読み「196」、「197」に答えよ。

 K県の健康増進課に勤める管理栄養士である。K県の健康増進プランの担当をしている。K県は全国の中で、脳血管疾患のSMR(標準化死亡比)が高く、高血圧の有病率が高い。食塩摂取量も全国平均より多く、その供給源は、1位調味料、2位魚介加工品、3位パンである。これらの課題解決に向けて、地域住民組織、地元企業、自治会などで構成される対策委員会が組織されている。表は、K県北部地域の人口と脳血管疾患SMRである。

32-196 県全体の脳血管疾患死亡率低下を目標に対策を進めることになった。課題の重要性と県全体への影響を考慮して重点支援地域を決めた。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)地域1
(2)地域2
(3)地域3
(4)地域4

32-197 重点支援地域における脳血管疾患予防対策を計画した。効果が大きく、実現可能性を考慮した栄養・食生活分野の取組である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)脳血管疾患に関する啓発パンフレットの自治会による全戸配布
(2)県の健康増進課ホームページにおける減塩レシピの紹介
(3)地元スーパーや食料品店と連携した減塩商品の販売促進
(4)地域ボランティアの戸別訪問による、みそ汁の塩分濃度の測定と指導

解答・解説を見る

次の文を読み「196」、「197」に答えよ。

 K県の健康増進課に勤める管理栄養士である。K県の健康増進プランの担当をしている。K県は全国の中で、脳血管疾患のSMR(標準化死亡比)が高く、高血圧の有病率が高い。食塩摂取量も全国平均より多く、その供給源は、1位調味料、2位魚介加工品、3位パンである。これらの課題解決に向けて、地域住民組織、地元企業、自治会などで構成される対策委員会が組織されている。表は、K県北部地域の人口と脳血管疾患SMRである。

32-196 県全体の脳血管疾患死亡率低下を目標に対策を進めることになった。課題の重要性と県全体への影響を考慮して重点支援地域を決めた。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

課題の重要性と県全体への影響を考慮すると重点支援地域は、(2)地域2であると考えられる。

地域1のほうが人口が多いが、SMR(標準化死亡比)は地域2のが高くより重要性が高いと考えられる。
地域3,4はSMRが地域2よりも高いが人口が占める割合が低く、アプローチしても効果は低い。

32-197 重点支援地域における脳血管疾患予防対策を計画した。効果が大きく、実現可能性を考慮した栄養・食生活分野の取組である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)脳血管疾患に関する啓発パンフレットの自治会による全戸配布
→全戸配布は、多くの人手が必要でとても手間がかかるため最も適切とは言えない。

(2)県の健康増進課ホームページにおける減塩レシピの紹介
→対象とできる者が、インターネット利用者であったり、減塩レシピを活用するような料理をする者であったりと限られていることから効果的なアプローチとはあまりいえない。

(3)地元スーパーや食料品店と連携した減塩商品の販売促進
 →食物へのアクセスを整えることで、地域住民への効果的なアプローチが期待できる。

(4)地域ボランティアの戸別訪問による、みそ汁の塩分濃度の測定と指導
 →多くの人手が必要で実現可能性は低い。また、指導は専門家または専門家による教育を受けたものが行う必要がある。

コメント