32-160 A市において、食育推進計画を第二次から第三次へと改定するために、行政が最初に取り組むべきものである。

スポンサーリンク

32-160 A市において、食育推進計画を第二次から第三次へと改定するために、行政が最初に取り組むべきものである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)第三次食育推進計画の策定
(2)各組織における食育実施計画の作成
(3)第二次食育推進計画の評価
(4)生産者と市民の食育フェスティバルの開催

解答・解説を見る

最も適切なのは、(3)第二次食育推進計画の評価

 新たな計画を策定するには、過去の計画を評価しそれを参考にすることが重要である。このような計画を策定する際には、PDCAサイクルにそって行うのが良い。

 PDCAサイクルに基づいて、すべての選択肢を取り組むべき順に並べると、以下のようなものが考えられる。

(3)第二次食育推進計画の評価
 PDCAサイクルにおけるCheck(評価)の部分である。
       ↓
(1)第三次食育推進計画の策定
 以前の計画の良い点や悪い点を洗い出し、現在の地域の状況を踏まえてより良い計画を策定する。
 PDCAサイクルにおけるAction(改善)の部分である。 
       ↓
(2)各組織における食育実施計画の作成
 市が策定した計画をもとに、各組織が計画を作成する。
 PDCAサイクルにおけるPlan(計画)の部分である。

       ↓
(4)生産者と市民の食育フェスティバルの開催
 実際にイベントを開催する。
 PDCAサイクルにおけるDo(実施)の部分である。

コメント