30-198,199,200 次の文を読み「198」、「199」、「200」に答えよ。K市保健センターに勤める管理栄養士である。K市の健康推進プランの策定を担当することになった。


スポンサーリンク

次の文を読み「198」、「199」、「200」に答えよ。
 K市保健センターに勤める管理栄養士である。K市の健康推進プランの策定を担当することになった。
K市は勤労世代において、国民健康保険加入者の割合が他の自治体と比較して高い。


30-198 次の表は、昨年のK市と県全体の40歳から65歳までの三大主要死因と各々の死亡者数である。K市、県全体のこの年代の人口は、それぞれ5万人と20万人であり、人口構成はほぼ同じである。各死因の死亡率比を求めらところ、悪性新生物( a )、心疾患( b )、脳血管疾患( c )であった。
(  )に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。


ただし、基準を1(県全体)とし、小数点第2位を四捨五入すること。
表 K市及び県全体の主要死因の死亡者数(40歳から65歳)

30-198

    a b   c 
(1)0.2――0.4――0.4
(2)0.8――1.5――1.6
(3)1.0――0.4――0.3
(4)1.3――0.7――0.6
(5)2.0――1.5――1.2


30-199 K市の健康推進プランの候補としてあがった目標である。K市の主要死因のデータから、重点的にとりあげる目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)がんによる死亡率の低下
(2)がんと心疾患による死亡率の低下
(3)がんと脳血管疾患による死亡率の低下
(4)心疾患と脳血管疾患による死亡率の低下


30-200 K市住民の特性を考えた、健康推進プランでの重点的な取組である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)学校と連携して、健康づくりの標語を募集する。
(2)ボランティアの協力を得て、栄養教室を開催する。
(3)企業と連携して、休日に健康イベントを開催する。
(4)保険者と連携して、特定健康診査を受診しやすい時間に変更する。

解答・解説を見る

30-198 次の表は、昨年のK市と県全体の40歳から65歳までの三大主要死因と各々の死亡者数である。
(  )に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。ただし、基準を1(県全体)とし、小数点第2位を四捨五入すること。

◆正しいのは、
(2)0.8――1.5――1.6(K市、県全体のこの年代の人口は、それぞれ5万人と20万人であり、人口構成はほぼ同じである。各死因の死亡率比を求めらところ、悪性新生物( 0.8 )、心疾患( 1.5 )、脳血管疾患( 1.6 )であった。)

<計算方法>

表:各死因別死亡者数

30-198

①それぞれの死亡率を求める。
 死亡率=死亡者数/人口(K市では50,000人、県全体は200,000人)
 (例)悪性新生物=200/50,000×100=0.4
 表:各死因別死亡率

30-198

②各死因のK市の死亡率/各死因の県全体の死亡率=死亡率比
 悪性新生物=0.4/0.5=0.8
 心疾患=0.3/0.2=1.5
 脳血管疾患=0.24/0.15=1.6


30-199 K市の健康推進プランの候補としてあがった目標である。K市の主要死因のデータから、重点的にとりあげる目標である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

◆最も適切なのは、
(4)心疾患と脳血管疾患による死亡率の低下
⇒県全体とK市の各疾患の死亡率比をみると、心疾患と脳血管疾患の比率が悪性新生物の約2倍である。このことから、K市が重点的にとりあげる目標として、「心疾患と脳血管疾患による死亡率の低下」があげられる。


30-200 K市住民の特性を考えた、健康推進プランでの重点的な取組である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

◆最も適切なのは、
(4)保険者と連携して、特定健康診査を受診しやすい時間に変更する。


※死亡率…一定期間の死亡数の単位人口に対する割合。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント