30-194,30-195 次の文を読み「194」、「195」に答えよ。K社員食堂の運営を受託する給食会社に勤務する管理栄養士である。


スポンサーリンク

次の文を読み「194」、「195」に答えよ。
 K社員食堂の運営を受託する給食会社に勤務する管理栄養士である。経営状態の改善を目的に、この施設の経営管理を任されることになった。経営状態を把握し、収益性を予測するために損益分岐点分析を行った。この施設のA期からB期への売上高、固定費、変動費の変化を表に示す。
表 損益分岐点分析資料

30-194

30-194 損益分岐点分析から導き出されるアセスメント結果は、変動費率【 a 】、損益分岐点売上高【 b 】、収益性【 c 】であった。【 】に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。
   a      b      c
(1)上昇 ―――― 上昇 ―――― 上昇
(2)不変 ―――― 低下 ―――― 低下
(3)不変 ―――― 上昇 ―――― 低下
(4)低下 ―――― 上昇 ―――― 低下
(5)低下 ―――― 低下 ―――― 上昇
30-195 経営状態の改善を図るために考えた方策である。損益分岐点分析の結果に基づくものとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)食材料費の見直し
(2)消耗品の節約
(3)正社員の配置の見直し
(4)パートタイマーの配置数の見直し

解答・解説を見る

30-194 損益分岐点分析から導き出されるアセスメント結果は、変動費率【 a 】、損益分岐点売上高【 b 】、収益性【 c 】であった。【 】に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。
正しいのは(3)
“損益分岐点分析から導き出されるアセスメント結果は、変動費率【 不変 】、損益分岐点売上高【 上昇 】、収益性【 低下 】であった。”


<用語の意味>

損益分岐点とは売り上げと総原価が等しく、利益も損益も無い状態。「固定費÷(1-変動費率)」で求めることができる。

変動費とは生産量や販売量に応じて変化する費用

 変動費率の求め方…変動費率=変動費÷売上高

固定費とは生産量や販売量に影響されずに発生する費用

総費用固定費+変動費

図.A期の損益分岐点分析

20160611195051bab

 損益分岐点:199万円
 収益(売上-損益分岐点):41万円
 変動費率:50%


図.B期の損益分岐点分析
 

 損益分岐点B

 損益分岐点:216万円
 収益(売上-損益分岐点):34万円
 変動費率:50%


30-195 経営状態の改善を図るために考えた方策である。損益分岐点分析の結果に基づくものとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

正しいのは(3)正社員の配置の見直し

損益分岐点を下げ、収益性を上げるには、 固定費を削減する必要がある。

 給食施設において固定費を削減する方法
  ・給食業務の見直し
  ・給食業務の委託化
  ・人員配置の検討   など

 他の選択肢の検討
 (1)食材料費の見直し
  ⇒食材料管理の徹底によって「利益率の向上」が見込める。

 (2)消耗品の節約
  ⇒消耗品および経費の管理は「利益率の向上」となる。

 (3)正社員の配置の見直し
  ⇒「固定費の削減」である。

 (4)パートタイマーの配置数の見直し
  ⇒パートタイマーの給料は月によって異なるため「変動費の削減」ではないかと考えられる。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント