ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第34回(2020, R2) » 34-基礎栄養学

34-基礎栄養学

34-68 食欲と日内リズムに関する記述である。

34-68 食欲と日内リズムに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)食経験は、食欲の形成に影響しない。 (2)血中遊離脂肪酸濃度の上昇は、食欲を抑制する。 (3)レプチンは、摂食を促進する。 (4)食事のサイクルは、日内リズムに影響しない。 (5)視床下部の視交叉上核は、日内… 続きを読む »34-68 食欲と日内リズムに関する記述である。

34-69 消化酵素に関する記述である。

34-69 消化酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)α-アミラーゼは、チモーゲンとして分泌される。 (2)トリプシンは、エキソ型酵素である。 (3)膵リパーゼの働きは、胆汁酸によって抑制される。 (4)ペプシンの至適 pH は、弱アルカリ性である。 (5)スクラーゼは… 続きを読む »34-69 消化酵素に関する記述である。

34-70 糖質の代謝に関する記述である。

34-70 糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)糖質の摂取量増加は、ビタミン B6 の必要量を増加させる。 (2)グルコースは、脂肪酸に変換されない。 (3)グルコースは、可欠アミノ酸に変換されない。 (4)ペントースリン酸回路は、リボース -5-リン酸を生成す… 続きを読む »34-70 糖質の代謝に関する記述である。

34-71 血糖とその調節に関する記述である。

34-71 血糖とその調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)筋肉グリコーゲンは、血糖維持に利用される。 (2)インスリンは、筋肉への血中グルコースの取り込みを抑制する。 (3)健常者の血糖値は、食後約 3 時間で最高値となる。 (4)糖新生は、筋肉で行われる。 (5)ア… 続きを読む »34-71 血糖とその調節に関する記述である。

34-72 たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。

34-72 たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)過剰なたんぱく質の摂取は、アミノ酸の異化を抑制する。 (2)ロイシンは、体たんぱく質の合成を抑制する。 (3)インスリンは、体たんぱく質の合成を抑制する。 (4)絶食時には、体たんぱく質の合成が抑制… 続きを読む »34-72 たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。

34-74 空腹時の脂質代謝に関する記述である。

34-74 空腹時の脂質代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)脂肪組織では、リポたんぱく質リパーゼの活性が上昇する。 (2)脂肪組織では、トリグリセリドの分解が抑制される。 (3)肝臓では、脂肪酸の合成が促進される。 (4)肝臓では、エネルギー源としてケトン体を利用する… 続きを読む »34-74 空腹時の脂質代謝に関する記述である。

34-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。

34-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)アミノ酸評点パターンは、食品中の不可欠アミノ酸量を示す。 (2)生物価は、食品たんぱく質の化学的評価法の一つである。 (3)制限アミノ酸がない食品のアミノ酸価は、100 である。 (4)無たんぱく質食の摂… 続きを読む »34-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。

34-75 脂質の栄養に関する記述である。

34-75 脂質の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)脂肪酸の利用が高まると、ビタミン B1 の必要量が増加する。 (2)パルミチン酸は、必須脂肪酸である。 (3)エイコサペンタエン酸(EPA)は、リノール酸から合成される。 (4)エイコサノイドは、アラキドン酸から合… 続きを読む »34-75 脂質の栄養に関する記述である。

34-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

34-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)ビタミン A は、消化管からのカルシウム吸収を促進する。 (2)カロテノイドは、抗酸化作用をもつ。 (3)ビタミン D は、血液凝固に関与している。 (4)ビタミン E は、核内受容体に結合する。 (5)ビタミ… 続きを読む »34-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

34-77 水溶性ビタミンに関する記述である。

34-77 水溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)ビタミン B2 は、内因子と結合して吸収される。 (2)ナイアシンは、メチオニンから合成される。 (3)葉酸は、分子中にコバルトを含む。 (4)ビオチンは、コエンザイム A(CoA)の構成成分である。 (5)ビ… 続きを読む »34-77 水溶性ビタミンに関する記述である。

34-78 ミネラルに関する記述である。

34-78 ミネラルに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)骨の主成分は、シュウ酸カルシウムである。 (2)血中カルシウム濃度が上昇すると、骨吸収が促進する。 (3)骨中マグネシウム量は、体内マグネシウム量の約 10% である。 (4)モリブデンが欠乏すると、克山病が発症する… 続きを読む »34-78 ミネラルに関する記述である。

34-79 体水分に関する記述である。

34-79 体水分に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)成人の体重当たりの体水分量は、女性に比べ男性の方が少ない。 (2)低張性脱水では、血圧が低下する。 (3)浮腫では、細胞間液(間質液)量が変化しない。 (4)血漿アルブミン濃度が低下すると、膠質浸透圧が上昇する。 (5… 続きを読む »34-79 体水分に関する記述である。

34-80 電解質に関する記述である。

34-80 電解質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)カリウムイオン濃度は、細胞内液より細胞外液の方が高い。 (2)不感蒸泄では、電解質の喪失が起こる。 (3)低張性脱水では、ナトリウムを含まない水を補給する。 (4)重炭酸イオンは、血液の酸塩基平衡の調節に関わる。 (5… 続きを読む »34-80 電解質に関する記述である。

34-81 20 歳、体重 50 kg の女性が、3.0 メッツの運動を 1 時間行った。

34-81 20 歳、体重 50 kg の女性が、3.0 メッツの運動を 1 時間行った。その 1 時間の総エネルギー消費量(kcal)の計算式である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 身体活動レベル(PAL)は 1.75、基礎代謝基準値は 22.1(kcal/kg 体重/日)、安静時代謝量は基礎代… 続きを読む »34-81 20 歳、体重 50 kg の女性が、3.0 メッツの運動を 1 時間行った。