狭心症と心筋梗塞の違い


スポンサーリンク


狭心症と心筋梗塞は、何が違って何が同じなのでしょうか。
それぞれの共通点と異なる点、鑑別方法について。


 共通点

 ・ 虚血性心疾患である。
 ・ 冠状動脈のアテローム動脈硬化などが原因となる

 異なる点

 ・ 狭心症は、冠状動脈の狭窄などで一過性の血流(酸素)欠乏および虚血である。
 ・ 心筋梗塞は、冠状動脈の完全閉鎖で心筋壊死となる。

 鑑別方法

 ① 胸痛の持続時間が30分以上が心筋梗塞
 ② ニトリグリセリンの効果があるのが狭心症
 ③ 血液検査所見(CK、GOT、LDHの上昇)がみられるのが心筋梗塞。
 ④ 心電図では、狭心症ではSTが下がり、心筋梗塞ではST上昇、異常Q波、冠性T波がみられる。


お問い合わせはこちら



関連記事一覧

コメント