コンテンツへスキップ

36-18 糖質に関する記述である。

    スポンサーリンク


    36-18 糖質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    ⑴ ガラクトースは、非還元糖である。

    ⑵ フルクトースは、ケトン基をもつ。

    ⑶ スクロースは、グルコース 2 分子からなる。

    ⑷ アミロースは、分枝状構造をもつ。

    ⑸ グリコーゲンは、ヘテロ多糖である。

    解答・解説を見る

     

    ⑴ ガラクトースは、還元糖である。

    還元糖:ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、麦芽糖(マルトース)、ガラクトースなど

    非還元糖:トレハロース、スクロースなど

    ⑵ フルクトースは、ケトン基をもつ。

    ⑶ スクロースは、グルコースとフルクトースからなる。

    類似問題

    34-48 糖・甘味類と構成糖の組合せである。

    ⑷ アミロースは、分枝状構造をもたない。分岐状構造をもつのは、アミロペクチンである。

    ⑸ グリコーゲンは、ホモ多糖である。

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事