ホーム » 投稿 » 36-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。

36-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク


36-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 心筋は、平滑筋である。

⑵ 冠状動脈は、上行大動脈から分岐する。

⑶ 肺動脈を流れる血液は、動脈血である。

⑷ 動脈の容量は、静脈の容量より大きい。

⑸ リンパ(リンパ液)は、鎖骨下動脈に流入する。

解答・解説を見る

 

⑴ 心筋は、横紋筋である。

⑵ 冠状動脈は、上行大動脈から分岐する。

⑶ 肺動脈を流れる血液は、静脈血である。

⑷ 動脈の容量は、静脈の容量より小さい

静脈の容量は動脈よりも大きく、静脈は「容量血管」ともいわれる。

⑸ リンパ(リンパ液)は、鎖骨下静脈に流入する。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事