ホーム » 投稿 » 35-146 集団を対象とした食事調査における精度に関する記述である。

35-146 集団を対象とした食事調査における精度に関する記述である。

スポンサーリンク


35-146 集団を対象とした食事調査における精度に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 

⑴ 対象者の過小申告を小さくするために、調査日数を増やす。

⑵ 栄養素摂取量の季節変動の影響を小さくするために、対象者の人数を増やす。

⑶ 摂取量の平均値の標準誤差は、対象者の人数の影響を受ける。

⑷ 個人内変動は、集団の摂取量の分布に影響しない。

⑸ 日間変動の大きさは、栄養素間で差がない。

解答・解説を見る

 

⑴ 調査日数を増やしても対象者の過少申告は小さくならない。

調査日数を増やすことで、個人内変動を小さくすることができる。

⑵ 栄養素摂取量の季節変動の影響を小さくするために、各季節ごとの調査を行う。

⑶ 摂取量の平均値の標準誤差は、対象者の人数の影響を受ける。

標準誤差=標本標準偏差÷√標本サイズ(対象者の人数)

対象者の人数が増えると標準誤差は小さくなり。

逆に、対象者の人数が減ると標準誤差は大きくなる。

⑷ 個人内変動は、集団の摂取量の分布に影響する

⑸ 日間変動の大きさは、栄養素間で差がある

例えば、脂質やたんぱく質などよりも、ビタミンやミネラルのほうが日間変動は大きくなる。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事