ホーム » 投稿 » 35-138 最近 10 年間の国民健康・栄養調査結果における成人の 1 日当たりの平均摂取量の傾向に関する記述である。

35-138 最近 10 年間の国民健康・栄養調査結果における成人の 1 日当たりの平均摂取量の傾向に関する記述である。

スポンサーリンク


35-138 最近 10 年間の国民健康・栄養調査結果における成人の 1 日当たりの平均摂取量の傾向に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 脂肪エネルギー比率は、30%E を下回っている。

⑵ 炭水化物エネルギー比率は、50%E を下回っている。

⑶ 食塩摂取量は、7.5 g を下回っている。

⑷ 米の摂取量は、増加している。

⑸ 野菜類の摂取量は、350 g を超えている。

解答・解説を見る

(1)脂肪エネルギー比率は、30%E を下回っている。

令和元年度の平均脂肪エネルギー比率は28.6%である。

⑵ 炭水化物エネルギー比率は、50%E を上回っている。

全年齢で50%を上回っている。令和元年度の平均炭水化物比率は56.3%である。

⑶ 食塩摂取量は、7.5 g を上回っている。

令和元年度の平均食塩相当量は、10.1g(男性 10.9 g、女性 9.3 g)である。

⑷ 米の摂取量は、減少している。

⑸ 野菜類の摂取量は、350 g を超えていない

令和元年度の野菜の摂取量は、269.8gである。


参考資料

令和元年度国民健康栄養調査,https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000687163.pdf.2021年3月7日アクセス.

スポンサーリンク


コメント