ホーム » 投稿 » 35-105 地域の生産者や関係機関と連携した小学生への食育を計画している。

35-105 地域の生産者や関係機関と連携した小学生への食育を計画している。

スポンサーリンク


35-105 地域の生産者や関係機関と連携した小学生への食育を計画している。プリシード・プロシードモデルに基づくアセスメント内容とその項目の組合せである。

最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 地域の食文化の学習が必要だと考えている保護者の割合     行動と生活習慣

⑵ 地域の産物を給食で提供することに関心がある流通業者の有無     準備要因

⑶ 地域の生産者の協力を得た授業の実践状況     強化要因

⑷ 児童の体験活動が可能な地域の農地の有無     実現要因

⑸ 農業体験学習をしたことがある児童の割合     教育戦略

解答・解説を見る

プリシード・プロシードモデルでは、対象となる個人や集団が好ましい生活習慣を身に付けるために必要な因子①準備要因、②強化要因、③実現要因について分析し、結果を元に計画を実行する。

① 準備要因(前提要因)とは

ある行動を実行するために必要な知識や態度、信念、自信などの要因。
管理栄養士は、対象者が「これくらいならできそう!」という目標を自分みつけてもらうためのサポートをする。つまり、対象者の自己効力感を高めることが重要となる。

② 強化要因とは

実行している行動を維持するための周囲のサポートなど。
この行動ができたり、しようとしているときにプラスの刺激を与えることで、その行動を維持できるようにする。

③ 実現要因とは

その行動を実現するために必要なツール(道具や技術)など。
周囲の環境、施設や設備、本人の持つ技術などがこれに当たる。

(1) 地域の食文化の学習が必要だと考えている保護者の割合     準備要因

地域の食文化に対する保護者の態度は、準備要因の分析項目に当てはまる。

(2) 地域の産物を給食で提供することに関心がある流通業者の有無     強化要因

地域の流通業者が地域の産物を給食で提供することに興味があることによって、地域の生産者や関係機関と連携した小学生への食育が実行されやすくなることから、強化要因の分析項目に当てはまる。

(3) 地域の生産者の協力を得た授業の実践状況     実現要因

実践状況を把握することで、実現要因を分析する。

⑷ 児童の体験活動が可能な地域の農地の有無     実現要因

(5) 農業体験学習をしたことがある児童の割合     準備要因

スポンサーリンク


コメント