ホーム » 投稿 » 35-100 食品会社に勤める管理栄養士が、新しい減塩調味料の販売促進方法を企画した。

35-100 食品会社に勤める管理栄養士が、新しい減塩調味料の販売促進方法を企画した。

スポンサーリンク


35-100 食品会社に勤める管理栄養士が、新しい減塩調味料の販売促進方法を企画した。その企画内容と、イノベーション普及理論に基づく普及に必要な条件の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 既存の商品よりナトリウムの低減割合が高いことをラベルに記載する。————-適合性

⑵ 新商品を使った減塩教室を開催する。————————————————–試用可能性

⑶ 減塩商品利用者のニーズから生まれた商品であることを宣伝する。—————–可観測性

⑷ 1 回使用量の調整ができる新容器を採用する。—————————————–比較優位性

(5) モニターを募集し、新商品の感想を SNS で発信してもらう。————————複雑性

解答・解説を見る

イノベーション普及理論の速さに関わる条件
比較優位性 :これまでに存在する類似したものや同じ機能をも有するものよりも優位であるか
適 合 性 :ニーズに適しているか
わかりやすさ:誰にも利用しやすいものか
試用可能性 :試してみることが可能であるか
可 観 測 性 :周囲の人にも見てわかるかどうか

⑴ 既存の商品よりナトリウムの低減割合が高いことをラベルに記載する。————- 比較優位性

⑵ 新商品を使った減塩教室を開催する。———————————————– 試用可能性

⑵ 減塩商品利用者のニーズから生まれた商品であることを宣伝する。—————– 適合性

⑶ 1 回使用量の調整ができる新容器を採用する。—————————————–比較優位性

⑷ モニターを募集し、新商品の感想を SNS で発信してもらう。————————- 可観測性

スポンサーリンク


コメント