34-187,188,189 K 市保健センターの管理栄養士である。 相談者は、K 市在住の 35 歳、女性。第 1 子妊娠中である。


次の文を読み「187」、「188」、「189」に答えよ。

K 市保健センターの管理栄養士である。

相談者は、K 市在住の 35 歳、女性。第 1 子妊娠中である。

 

34-187 プレママ・パパ教室の際に、「姉の子どもが卵アレルギーだったので、自分の子どもも心配です。今後、私や子どもの食事で気を付けることは何ですか。」と相談を受けて助言した内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)妊娠中の今から、あなた自身の卵の摂取を控えましょう。

(2)出生後に母乳を与える際には、あなた自身の卵の摂取を控えましょう。

(3)離乳食を開始する時期を遅らせましょう。

(4)初めて卵を与える際には、よく加熱した卵黄にしましょう。

 

34-188 7 か月乳児健康診査の際に、「卵を初めて与えてしばらくしたら、湿疹がひどくなって心配です」との相談を受けた。最初にすべきこととして助言した内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)離乳食を一時中止してください。

(2)卵を原料とした食品を全て除去してください。

(3)湿疹の治療を含めて、医師に相談してください。

(4)卵白特異的 IgE 抗体の検査を受けてください。

 

34-189 児が 3 歳になって、保育所に預けることが決まった。医師からは卵アレルギーの診断がなされている。この児を受け入れることが決まった民間保育所から、給食での対応をできる限り行いたいということで、K 市保健センターに相談があった。助言内容として、誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

(1)家庭でこれまで摂取したことのある食品の種類を把握し、記録してください。

(2)給食対応の単純化のために、完全除去を基本としてください。

(3)調理室でアレルゲンの混入が起こりにくい献立にしてください。

(4)除去食を開始した場合には、在園中は見直しの必要はありません。

(5)月別の献立表に使用食品について記載し、家族に配布してください。

 

解答・解説を見る

 

34-187 プレママ・パパ教室の際に、「姉の子どもが卵アレルギーだったので、自分の子どもも心配です。今後、私や子どもの食事で気を付けることは何ですか。」と相談を受けて助言した内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)妊娠中の今から、あなた自身の卵の摂取を控えましょう。

胎児の将来のアレルギー予防のために、妊婦が食事制限することについては現時点では明確な根拠はないため勧められない。

(2)出生後に母乳を与える際には、あなた自身の卵の摂取を控えましょう。

(1)と同様で、授乳期も同様に、妊婦が乳児のために食事制限することについては現時点では明確な根拠はないため勧められない。

(3)離乳食を開始する時期を遅らせましょう。

食物アレルギーの診療の手引き2017(食物アレルギー研究会)によれば、「食物アレルギー発症や悪化を心配して離乳食の開始を遅らせる必要はない。」

(4)初めて卵を与える際には、よく加熱した卵黄にしましょう。

卵のアレルゲンは、主に卵白に含まれており、卵の摂取は卵黄から全卵へとすすめていく。また、加熱によってアレルゲン性が低下するため、はじめはよく加熱することが望ましい。

(参考:厚生労働省,授乳・離乳の支援ガイド,https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496257.pdf)

 

 

34-188 7 か月乳児健康診査の際に、「卵を初めて与えてしばらくしたら、湿疹がひどくなって心配です」との相談を受けた。最初にすべきこととして助言した内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

(3)湿疹の治療を含めて、医師に相談してください。

食物アレルギーを疑う症状が出た場合は、まず医師に相談することが重要であり、自己判断で対応してないように注意する。

 

 

34-189 児が 3 歳になって、保育所に預けることが決まった。医師からは卵アレルギーの診断がなされている。この児を受け入れることが決まった民間保育所から、給食での対応をできる限り行いたいということで、K 市保健センターに相談があった。助言内容として、誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

(1)家庭でこれまで摂取したことのある食品の種類を把握し、記録してください。

(2)給食対応の単純化のために、完全除去を基本としてください。

(3)調理室でアレルゲンの混入が起こりにくい献立にしてください。

(4)除去食を開始した場合でも、在園中の見直しは継続して必要である。

定期的に医師に相談し、除去食の継続の必要性などを確認する。

(5)月別の献立表に使用食品について記載し、家族に配布してください。

 


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント