コンテンツへスキップ

33-86 日本人の食事摂取基準(2015年版)における策定の基本的事項に関する記述である。

    スポンサーリンク


    33-86 日本人の食事摂取基準(2015年版)における策定の基本的事項に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)摂取源には、サプリメントは含まれない。
    (2)参照体位は、望ましい体位を示している。
    (3)BMI(kg/m2)は、18歳以上のエネルギー収支バランスの指標である。
    (4)高齢者の年齢区分は、65歳以上である。
    (5)目安量(AI)は、生活習慣病の予防を目的とした指標である。

    解答・解説を見る
    (1)摂取源には、食事からの摂取を基本とするが、ドリンク剤や栄養剤、栄養素を強化した食品、特定保健用食品、栄養機能食品、いわゆる健康食品やサプリメントなどに含まれるエネルギーと栄養素も含まれる

    (2)参照体位は、日本人の平均的な体位である。

    (3)BMI(kg/m2)は、18歳以上のエネルギー収支バランスの指標である。

    (4)高齢者の年齢区分は、70歳以上である。

    (5)目標量(DG)は、生活習慣病の予防を目的とした指標である。

    目安量(AI)は、特定の集団における、ある一定の栄養状態を維持するのに十分な量である。

    <参考文献>

    厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」,第一出版

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事