コンテンツへスキップ

33-97 運動時の身体への影響に関する記述である。

    スポンサーリンク


    33-97 運動時の身体への影響に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)筋肉中の乳酸は、無酸素運動で減少する。
    (2)遊離脂肪酸は、瞬発的運動時の主なエネルギー基質となる。
    (3)瞬発的運動では、速筋線維より遅筋線維が利用される。
    (4)酸素摂取量は、運動強度を高めていくと増加し、その後一定となる。
    (5)消化管の血流量は、激しい運動で増加する。

    解答・解説を見る
    (1)筋肉中の乳酸は、無酸素運動で増加する。

    (2)遊離脂肪酸は、長時間の運動時(有酸素運動)の主なエネルギー基質となる。

     瞬発的運動では、まず筋肉内に蓄積されているグリコーゲンや血液中のグルコースが利用される。

    (3)瞬発的運動では、遅筋線維より速筋線維が利用される。

    遅筋線維は、歩行やジョギング、マラソンなどの有酸素運動で主に利用される。

    (4)酸素摂取量は、運動強度を高めていくと増加し、その後一定となる。

    (5)消化管の血流量は、激しい運動で減少する。

     運動中は、骨格筋へ大量の血液を送る必要があり、その分消化管の血流量は減少する。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事